キッコーマン からだ想い基本のサプリ
更年期の辛い症状を緩和するサプリメント バナー原稿 320×50 (131017)imp

2013年09月20日

ペットボトル症候群に注意(後編)

ペットボトル症候群の正式名称は、清涼飲料水ケトーシス。
その症状は、糖尿病が悪化したときと同じくらいに匹敵するほど、高血圧になることもあり、咽の渇きや全身の倦怠感、嘔吐や腸の痛みなどを伴う場合があります。
また、意識障害から昏睡に至ることもあるようです。
従って、出来るだけすみやかな治療がも求められます。
しかし、特に若い人は、自分が糖尿病などとは夢にも思わないので、受診が遅れるため、早期発見も遅れがちになります。
予防するためには、糖分の摂取量を常に意識して、のどが渇いたときは、水やお茶を飲むようにしましょう。
低糖タイプや吸収されにくい甘味料を使った清涼飲料水にも、糖分がたくさん含まれているものもありますので、油断は禁物です。注意をしながらのどの渇きをうるおしましょう。
posted by Naga at 21:23| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする