キッコーマン からだ想い基本のサプリ
更年期の辛い症状を緩和するサプリメント バナー原稿 320×50 (131017)imp

2014年10月26日

週の寒暖差に気をつけよう!

昨日、今日は、日本全国的に好天で、北海道まで晴れ渡り

9月下旬並みの気温まで最高気温が達しして、何をするにも

とても良い天気でした。


これは、南から暖かい空気が流れ込んだために発生した

この時期に起こるまれな気候。

このように、晴れて風もなく、日差しがポカポカと暖かい天気の日を

小春日和というのですが、知っていましたか?

詳しく言うと、小春日和は、11月頃に起こることなので

今日の時点では、小春日和とは言えないようです。


こはるびより(小春日和)は旧暦の10月、現在の11月に

起こる現象で、冬の季語になっています。


このような現象が起きると、次に気になるのは、寒気の

襲来です。

次の寒気が、2日後の、10月28日(火)には、

日本列島に来襲する模様で、北海道では、平地でも雪になるような

この秋、一番の寒気です。

北陸地方から北の地方では、今日の最高気温と、明後日の最高気温の差が

10℃以上も違い、とても寒くなるので、体調には特に

注意が必要です。



また、その後は、次の金曜日から日曜日にかけては、今日のような

気温に戻ります。(10月31日から11月2日までは、暖かい)


すると、その次の11月3日か、11月4日以降に来襲する

寒気は、更に強く、東北の北部でも平野部にみぞれや雪をもたらすものに

なりそうです。


したがって、1週間の中の寒暖の差が、とても大きくなりますので

体調管理には、いっそうの注意が必要です。


また、一雨ごとに寒くなりますので、徐々に寒さに体を慣らすことが

必要ですが、とはいっても、寒いときは、衣類で調整して、気温の

変化に備えることが必要です。


冬ものは、既に準備しましたか?

1週間の中でも、1日や2日は、冬ものを着用しないといけなくなるような

気温になるでしょうから、前もって準備しておいたら良いでしょう。
posted by Naga at 21:20| 健康チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。