キッコーマン からだ想い基本のサプリ
更年期の辛い症状を緩和するサプリメント バナー原稿 320×50 (131017)imp

2014年11月20日

インフルエンザの予防接種をして来ました。

このところ秋も深まり、朝晩はめっきり寒くなってきました。

11月の下旬に突入し、新聞などでも、インフルエンザが流行し始めたと
報道が出始めました。

インフルエンザは、今頃から流行が始まり、例年ですと1月の後半から
2月の前半が流行のピークになるようです。

そこで、今のうちにと思い、本日、インフルエンザの予防接種に行って来ました。
インフルエンザの予防接種は、健康保険が効きませんでした。
したがって、健康保険証は不要でした。
その代わり、実費の負担と、印鑑が必要でした。

病院の窓口に行くと、なんやら紙を渡されました。
どうやら、誓約書のようで、内容は、
このインフルエンザ予防接種で、何かあっても責任は負いませんが
それでもよければ、予防接種をしますよという内容。

その用紙に、住所氏名と印鑑で押印して申し込みました。

診察室に入って、てっきり腕(肘と肩の間)に注射を打たれるのかと思い
腕をまくったら、肩を出してくださいと言われ
肩に注射をされました。
そのあと、注射されたところを揉んで終わりです。

料金は、3500円でした。

今日は、お風呂と飲酒はダメとのことですので、
早く就寝します。


しかし、この予防接種をしたからといって、絶対にインフルエンザに
かからないという保証ではありません。
インフルエンザにかかっても、仮に、インフルエンザのウィルスが
からだに入った場合は、事前にインフルエンザウィルスに対抗するための
免疫システムが備わっているので、重症化しにくいだけのことです。

私の身体の中には、いま少量のインフルエンザウィルスが入っています。
今日、病院で注射されました。
私の身体の中では、インフルエンザのウィルスを敵とみなして、
身体の中の免疫システムが、敵の弱点を探っているころだと思います。

その敵のことを覚えておき、万が一にも、来年1月の流行期に、私の身体の中に
インフルエンザウィルスが入ってきたら、学習した免疫システムが
インフルエンザウィルスを撃退してくれるはずです。

インフルエンザの予防接種が効果を出し始めるのは、摂取してから
およそ2週間後。その後、約5か月間にわたって効果を発揮するそうです。

遅くとも、今月中には、インフルエンザの予防接種をしましょう。
3500円は少し高いですが、インフルエンザで苦しまないで済むのなら
安上がりと考えましょう。
posted by Naga at 21:47| 健康チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。